logo3.jpg



目次
1・あがり症に対する悩み事とは?

2・あがり症がみるみる改善する3つの秘訣とは?

3・プロが伝授するあがり症克服とは?

4・トレーニングにかかる費用はいくらですか?

5・あがり症を克服するためのトレーニング時間は?

6・あがり症克服法のデメリットについて教えて下さい

7・他のあがり症克服方法と比較しました

8・あがり症が治らないとどうなる?

9・ヒロシからあなたへのメッセージとは?



situmonbana.jpg



ヒロシからあなたへのメッセージとは?

今日は、私からあなたへメッセージがございます。


学生の頃は、人前で話す機会などめったになかったのですが、
社会人になると人前で話す機会が多くあります。


私は、元々人前で話す事は、得意ではありませんでした。


特に、初対面の人や大勢の人の前で話をする時は、
いつも心臓がドキドキしていて自分でも何をしゃべっているのか
かわらなくなることがしばしばありました。


私は、営業の仕事をしているのですが、初対面のお客様と
商談をするが一番困ってしまいます。


営業の仕事をしているのに話す時に緊張して人との
コミュニケーションが取りずらいのは致命的です。


また、職場での昇進を機に、会議、会社主催の行事やパーティーでの
司会など今迄以上に人前に出る機会が増え、症状は益々酷くなりました。


落ち着こうと意識すればするほど赤面し、ドキドキし、声がふるえ、
喉が渇き、頭が真っ白になり、話したい事の半分も話せません。


人前に立つ度に自分が情けなくなり、自己嫌悪に陥りました。


あがり症のストレスから体調も悪くなりました。


そして、常に不安感で一杯になりました。


かといって、立場上、人前に立つ事を避ける事は出来ません。


このままだと仕事にも支障を来たしてしまうと思い話し方教室
などに通うことも考えました時間とお金のことを考えると躊躇
してしまいました。


また、病院に行って薬をもらい一時的にあがり症を抑える方法
も考えましたが、薬の場合は副作用が出ると聞いて怖くなり
どうしても薬を飲む気にはなりませんでした。


いい歳をしてあがり症などと人に相談する事も恥ずかしく、
1人悩んでいましたが何とか改善できないものかとインターネット
であがり症の治療法を調べました。


そんな時、ネットで色々検索していたら、今回ご紹介した
『あがり症克服法』のマニュアルを見つけたのです。


最初は、本当にこれであがり症が治るのか半信半疑でした。


でも、ダメもとで購入してみることに決めたのです。


どうせダメもとで購入して効果が無くても後悔はしないと思ったからです。


そして、金井先生のわかりやすいトレーニング方法を実践していく
うちに懐疑心はすぐに消え、効果への期待がふくらみました。


トレーニング後は、全身がとてもリラックスしており、
不安な気持ちは消えていました。


さらに、あれほど嫌だった人前に出ることを『試してみたい』
と思う自分に驚きました。


もちろん、実際にその場に立ってみないとわからないのですが、
何故か自信がありました。


しっかりとトレーニングが終わるまでは、無理はしない方が
良いということでしたが、早速、翌日大事な商談がありました。


普段であれば前日から落ち着かず不安でたまらないはずなのですが
何となく楽しみにさえなっていました。


当日の商談は自分でも不思議なほど余裕がありました。


トレーニング中のイメージ通りに堂々と落ち着いて話す事が出来ました。


あの時の感動は今でも忘れられません。わーい(嬉しい顔)


そして、テキストに書かれている通りに実践したら徐々にあがり症が
改善されていきて以前より人と話す時に緊張しなくなりました。


トレーニングで自信をつける事が出来ました。


今ではどんなに大勢の前であっても、気負う事無く
楽に話すことが出来るようになりました。



もちろん、トレーニングは今でも毎日欠かさずやっています。


トレーニングを始める前は、あがり症を克服するのは難しいと
思っていました。


しかし、トレーニングをして思ったことですが、
実はあがり症の克服は簡単だということに気付いたのです。


あがり症の原因の一つは消極的な性格、
内向的な性格だと言われています。


つまり、この性格を変えればあがり症は克服出来るのです。


そして、人間の性格は、変えることが出来ます。


ですから、あがり症を克服するのは簡単なのです。


ただし、努力は必要ですよ。


私は、あがり症を克服出来たこの喜びを少しでもあがり症・赤面症で
悩んでいる人に伝えたくて『あがり症克服マニュアル』をご紹介する
ことにしたのです。


もし、あなたもあがり症で悩んでいるのなら、
1日も早く克服されることを心からお祈りいたしております。


私でよろしければいつでも相談にのります。わーい(嬉しい顔)


何かご不明な点がありましたら、こちらのフォームから
お気軽にご質問ください。


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。